東日本大災害災害後  中田薬局の活動

東日本大震災におきまして亡くなられた方々に深く哀悼の意を示しご冥福をお祈を申し上げるとともに、被害にあわれたみなさまにお見舞い申し上げます

2011年3月11日金曜日午後2時46分 宮城県沖にて大地震が発生しました。地震発生後、水道以外のライフラインは全てストップ。私は本店(中妻町)で仕事をしており店舗裏へ避難しました。携帯メールにて岩手県薬剤師会役員、支部長、災害委員へ連絡。各店の状況を見てまわり、その日の業務を終了しました。

3月11日 地震直後の薬局内の様子


3月12日早朝  釜石地方振興局の様子


3月12日〜 数日間 早朝から避難所をまわり薬切れの避難者をチェック


薄くらい中でのピッキング、服薬指導の様子


3月13日 津波被害にあった釜石市内の様子


4月5日 岩手県薬剤師会畑澤会長が釜石入り 仮設薬局の会員を激励 保健所、釜石医師会、医療班救護所などを訪問
最後は釜石医師会災害本部での会議にて挨拶。


4月20日 日本薬剤師会児玉会長が釜石入り 釜石市長、釜石医師会災害本部を訪問後 ボランティア薬剤師を激励。


ボランティア薬剤師でお世話になった方々 岩手県薬剤師会


ボランティア薬剤師でお世話になった方々 大阪薬剤師会