9月の活動内容


9月2日 沿岸薬剤師会研修会 
演題:ファルマルネッサンス  講師:藤井基之先生
薬剤師の歴史を勉強し、今後の方向性について。
薬剤師は職業を通じて国民に理解される事と国政の場に薬剤師議員を出す事、この両輪が上手く機能しないと今後は大変になりますね。来年の参議院選挙には藤井先生を必ず国会へ送り込めるように、団結して頑張りましょう。


9月6日 岩手県薬剤師会  ボランティア研修会 司会を担当しました
バイタルネット物流企画部長さんの特別講演勉強になりました。様々な災害での現場を検証して次に起こりうる災害に対して未然に取組む組織。そこに至るまでの過程など。失敗例など。見えない災害に取組むのは本当に大変ですね。
ディスカッションも面白かったです。各支部から様々な意見が出ました。釜石支部も他支部の取組みを参考に前進していきましょう。


9月9日 大人のタグラグビー 秋のリーグ
第一節は、岩銀よっちゃんずと仲良く引分け。さて、本日はゼッタイに勝たなきゃいけない相手「浜千鳥チアーズ」
試合前の練習にも自然と熱がでるチーム中田のメンバー。けど3名しか集まっておらず。相変わらず集まりの悪いチーム。スタート時にちょうど5名。相手は女性が入り、特別ルールで1点ビハインドでスタート。(いつの間にルール改正。このルールは、我々には不利だぞ)一進一退の攻防が続く点の取り合い。ステップワークの浜千鳥、中央突破の中田。K氏のあついあつい中央突破の連発。K師は体格も良いので是非タグでないラグビーもやらせたい選手。前半5−7で2点ビハインド。2点差ならいけるぞ、ディフェンスをしっかり整備して後半戦へ。と思ったら相手には釜石中学校の生徒が、中学生の動きの凄い事、ねずみとコアラの違い5人総がかりでも止められない。これはどうしようもない。結局7−11で敗退。 
試合終了後。どうすれば我がチームに有利になるか?ルール改正を考えるみんな。それより練習しろよ。ひとつの勝利が重くのしかかるチーム中田。昭和園の秋風が体にしみる夜でした。

8月8日  釜石よいさ 

9月17日 釜石医師会学術講演会 救急の日にちなんで
演題:「アナフラキシーショックにエピネフリン」「ドクターヘリ効果あり 講師:八戸市立市民病院 救急センター所長 今 明秀先生
とてもパワーの有る先生でした。講演内容もとても分かりやすくドクターヘリのしくみを理解できました。当たり前ですがなんといっても早い、思っていたより機敏である。守備範囲は意外と広くない。音は静かである。人手がかかるなど。岩手県はまだ導入されていないので、日本で一番広い県岩手に是非2〜3機導入して欲しいものです。

9月18日 薬の服用方法について
特別養護老人ホーム アミーガにて
施設の方へ薬の服用方法という演題で話してきました。1.薬の間違い 2.嚥下困難 3.簡易懸濁法についてです。映像をつかい、実際に薬が溶けるのを見てもらったので、理解し頂いたと思います。今後はもっと現場に入って協力できればと考えております。

9月26・27日 東北薬剤師連合大会
初日は特別講演TUは遅れての参加のため聞く事が出来ず。岩月常務の講演は聞いて燃えたかったが残念。狙ったわけではないが懇親会乾杯と同時に参加。受賞者の祝賀会?ということで川反で二次会三次会。翌日は大丈夫かな
27日は医療連携在宅医療分科会に参加してきました。各県それぞれ、在宅やお薬手帳に関して取組んでいるのが伺えました。高齢世帯が増えており薬の管理は大きな問題と考えております。岩手県薬剤師会という組織と個々の薬局薬剤師の動きが合致した時は凄い事になるでしょうね。
岩手県の発表はY専務がしてくれました。ガラガラ声でなく安心しました。

9月29日 たばこの害について 
講師:服部順一  鵜住居小学校
5・6年生対象にたばこの害について講演してきました。
スライドを使って詳しく分かりやすく講義をして。最後は映像にてたばこの怖さを理解してもらいました。初めての講演でしたが上手く行きほっとしております。


9月30日 大人のタグラグビー  対JC
いまだに一勝も出来ていないチーム中田。今日はU氏が久々に戻ってきたと喜んだら、月末で主力のS氏がこないと えーそれじゃー 「木村拓也が戻ってきたがラミレスが欠場したと一緒ではないか」 今日こそは一勝はと望んだ一戦。ディフェンスはまずまず、攻撃はノッコン、パスミス、足のもつれ、などでターンオーバーが続く、前半はなんとノートライに抑えられ、勝つどころかとんでもない記録を作ってしまいそうだ。一勝の合言葉を ワントライに変え後半のスタート。相手の攻撃はスムーズ、こちらの攻撃はもたもた とが続いたが何とか2トライをゲット。2−6で敗退。 試合終了後V7戦士の氏家さんからアドバイスを受ける。果たして理解したものは、実行しようとするものは何名入るのか?負けても落胆していないのはよい事か、悪い事か次こそは勝つぞと心に秘めた夜であった。 しかし随分と暗くなりましたね。