3月の活動内容

3月1日 第35回岩手県薬剤師会通常代議委員会
場所:岩手県薬剤師会
報告事項、決議事項概ねスムーズに進み原案通りとなりました。新会長は畑澤博巳副会長が選任されました。


3月4日 平成20年度介護保険在宅医療等担当者会議 場所:日本薬剤師会
介護報酬変更に伴う会議でした。岩手県薬剤師会として出席し会員へ伝達するという大役を仰せつかり、緊張し出席してまいりました。出席して感じたことは、薬剤師として行動しなければならないことの多さ、その行動に対するヒントを掴んできました。薬剤師は調剤室の中で議論していることが多いが、外で他職種とどんどん話し合う事が必要です。高齢者が増え薬を飲めない方が増えてきています。それをどのようにマネージメントするか、一歩外へ出てトライする事です。どのように皆さんに伝えるか?上手く出来るか?これから資料作りに励みます。


3月11日12日 第二回経営者管理者研修会
テーマ」トヨタ流:ものづくりと人づくりの心・伝承塾」 講師:HY人材育成研究所所長 肌附安明先生
10月に引きづづき受講してきました。日常業務改善の大切さ、それがもたらす効果など充分理解してきました。改善マインドを常に意識し、業務改善を工夫し、効率よく、楽しい職場となるようにみんなと話し合い取組んで行きたいと思います。それが、患者さんへの利益になる事を確信して。「できない」「難しい」「大変」は禁句ですよ。
また、日本の10年後の予想される姿は、世界の人口増加による、燃料不足、食料不足が問題となる事。日本の人間力の低下が心配。それには核融合を含めたエネルギー開発、農林水産業の改革、人材作りが必要だと解説して頂きました。
ためになる2日間でした。ありがとうございました。


3月12日 釜石医師会学術講演会
演題:新しいコレステロール血症の治療ー腸管循環の視点からー  演者:弘前大学大学院 医学研究科・保険学科 教授 中村 光男先生


3月15日 平成20年度 第二回保険薬局部会研修会
場所 北上市さくらホール
2、保険薬局の現状について  3、一般医薬品に販売制度改正における留意点
4、平成21年度介護報酬改定について  5、調剤報酬請求における問題点   6、集団的個別指導  私は4の「在宅」について担当し講演いたしました。若手薬剤師が忙しい中で一歩前進して患者宅へ訪問してくれると嬉しいです。本日は良い経験をしました。岩手県薬剤師会に感謝です。


3月26日 釜石医師会学術講演会
演題:心臓病の新生児を遠隔医療で救う  講師:岩手医科大学小児学講座 嘱託教授 小山耕太郎先生
本日は小児救急ということもあり、保育園、幼稚園の先生方も多数参加されました。子供に係る機会の多い先生方に、本日のような講演を聞いてもらうと医師不足の現状をより理解していただけると思います。釜石医師会では、数年前より幼稚園に出向いて、小児疾患と受診について、父母の方へ教育しており、それが軌道に乗り、少ない小児医師の中でも混乱がおきないように努めております。今日の講演の中で、岩手の小児科医師数は少ないが、死亡率は低いというデータを発表されました。先生方の苦労と連携が上手く行っている結果と思われます。