11月の活動内容


11月3日 岩手県薬剤師会保険薬局部会
1.挨拶                 :畑澤博巳 岩手県薬剤師会会長
2.保険薬局の現状について    :佐藤昌作 岩手県薬剤師会保険薬局部会長
3.薬局における医療安全について:金野良則 岩手県薬剤師会調剤過誤委員
4.研修薬局実務実習の実際    :熊谷明知 岩手県薬剤師会常務理事
5.調剤報酬算定の解釈と留意点 :大谷道男 岩手県薬剤師会副会長

11月7日 釜石sw対日本航空 松倉グランド 「sw応援うどん」300食 提供
かまりんとなかぴー
のツーショット
準備は大変 笑顔を忘れずに sw応援タクシー
文化タクシーも大人気
よいさの看板がここでも フル回転のスタッフ 来年はなかぴー年だよ。 うどんを食べて大漁旗も
いつもより元気良く
試合は12トライの大勝利。今年レベルアップしている姿を地元釜石でようやく発揮。このままで終わるはずのないsw、何が起こるかわからない最近のスポーツ界。連勝を続けて4位になれば奇跡が起こるかも。


11月8日 一般用医薬品研修会
主催:岩手県薬剤師会 講師:日本OTC薬協会 西沢元仁先生
一般用医薬品を整理して考える事ができました。今までは一般用医薬品の制度がごちゃごちゃして頭の中につまっていました。欧米は自己管理の考えが進んでおり、それに伴いスイッチOTC薬も豊富にあるようです。現在日本で第T類薬は5%。今後国民の一般用医薬品への考え方や提供する医薬品が増えることを願います。薬剤師は真面目です。信頼できる職種ですのでそこを生かすチャンスです。


11月14日 協励会繁栄講座
セルフメディケーションについての患者さんとのやり取りを
ロールプレイングで実践中。
どの先生方もよく勉強されています。商品知識、養生法、健康管理など知識が豊富ですね。


11月17日 業務改善についての話し合い(SGD) 松倉店
先ずは腹ごしらえ 真剣な面持ちでスタート 兆しが見え始め まとめ 明日から頑張るぞ

11月20日 気仙薬剤師会学術講演会
演者:国家公務員共済組合連合会 虎ノ門病院 薬剤部長 林昌洋先生  
演題:妊娠・授乳婦に対する薬物療法の注意事項  
妊娠中での薬物療法では、添付文章での、妊娠中での・・・の記載のみを重要視していました。今日初めて胎児への影響のみだけでなく、母親の健康状態も考慮に入れないといけないことを理解しました。言われれば当たり前の話でしたが、小さな領域でものごとを考えてしまっていたと反省しました。今日林先生の講演を受講して、薬剤師の将来像、希望のもてる話しでした。しかし、薬物動態や母親の疾患や胎児の状態などを考慮に入れて判断するわけですので、責任の重さ知識の向上が不可欠ですね。とても勉強になりました。

11月22日 糸日谷英二さん結婚式披露宴 ヒルトンホテル
奥さん手製のウエルカム
ボード
引きつり顔での入場 中田薬局余興 中田薬局余興 中田薬局余興
全員でポーズ 全員でポーズ(変装後) 新婦側の余興 感動のワンシーン
新郎はふらふら
ついにぬいじゃった

11月24日 釜石薬剤師会学術講演会
講師:県立釜石病院脳外科長 岐部道広先生  演題:県立釜石病院脳外科外来処方箋集計
脳梗塞、てんかんの病気についての説明。それを踏まえてどの薬剤を選択しているかを分かりやすく教えてくれました。脳梗塞の種類、てんかんの種類を先ずは整理して覚え、それにはどの血圧、どの抗血栓薬がベストか。また薬と妊娠、歯科治療と出血のリスクなど。岐部先生のお話しを踏まえて明日からの服薬指導に役立てたいと思います。


11月28日 公認スポーツファーマシスト認定制度 平成21年度特別実務実習会
開催会場:秋葉原UDXカンファレンス
ドーピング検査が今後あらゆる競技で普及していく事が予想される中、スポーツファーマシストは
具体的にどのような活動になるのか、分かっているようで、分かっていないところもありました。
現在ドーピング検査で陽性が出た選手はほとんど「うっかりドーピング」である。そうなると、その時の成績は剥奪される事になるのでとても悲しい事です。「禁止ドラック」「申請制度」などを我々もきちんと理解しておくことが国民の利益に繋がると確信しました。高校生の授業では「ドーピング」が年に一時間行う事が決定したようです。学校薬剤師としても今後しっかり勉強しなきゃと思い帰ってきました。